読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベイジアンネット

ベイジアンネットは各ノードが定量的な確率情報によって意味づけられた有向グラフである。

  1. 確率変数の集合がネットワークのノードを構成する。確率変数は離散でも連続でもよい。
  2. X から Y へグラフが張るとき、XはYの親ノードと呼ばれる。
  3. 各ノード X_i はその親ノードの影響を定量化した条件付き確率分布 P(X_i, | Parents(X_i)) をもつ。
  4. グラフはDAGである。